黄龍への道        DSで学ぶ麻雀         黄龍召喚実践記         FAQ        掲示板         サイトマップ         トップページ   
Home  > DS攻略 > 百虎編  > Mission4      
Mission4 親番で5700点差を逆転しろ (連荘あり)
 親ですので、三翻の5800点を目安に手作りしていきましょう。ただし、連荘ありですので、安手で和了って、次局に持ち越すこともできます。
 この5800点(子は3900点)というのは、混一色や対々和を狙う基準となる点数と言われています。
 混一色は、面前で作り切れば三翻ですが、なかなか作るりきるのは困難ですから、食い下がり二翻で考えます。対々和も鳴いて作るものですから、二翻役です。
 和了役が二翻だけだと、期待できる点数はせいぜい2000点や2900点ですから、鳴いて仕掛けるにはリスクが大きいです。せめて、5000点程度はないと釣り合わない、ということです。
 例えば、以下の手牌を見て下さい。
  (ツモ)
 ここから、混一色を狙って
を鳴くのは、基準とする点数の5800点を満
たさずに、リスクを犯すことになります。現段階だと、混一色のみしか役がありませんから。
 せめて、
のどれかが重なるか、ドラが絡んで、三翻以上の和了
りが見えてから鳴くのが、望ましいです。
 対々和も同様です。
  (ツモ)
 対々和は、全部で四枚しかない牌の内、三枚を手にしないといけないわけですから、難易度の高い役です。つまり、和了れない確率も高い役ということになります。
 ですから、やはり基準点を越せないような手牌(対々和以外に役が一翻も無い)だったら、他の手役を狙う方が賢明だと思います。
 また、上の手牌から、「タンヤオ・対々和」を見るのは悪手です。麻雀格
闘倶楽部では、赤ドラ
が2枚、
が1枚、
が1枚入っています。
 つまり、
は、場に捨てられにくいので鳴けないのです。もちろん、
早い巡目で刻子にできれば、狙う価値はあります。
 「テンパイもしていない。点数も高くない。でも、鳴いて手牌が少ないから、ベタオリもできなくて、リーチに振り込んだ。」じゃ、悔しいですからね。
▲ ページトップへ    
<< Mission 3 | Mission 5 >>
Copyright (c) 2008 Kouryu-Dou all rights reserved.