黄龍への道        DSで学ぶ麻雀         黄龍召喚実践記         FAQ        掲示板         サイトマップ         トップページ   
Home  > DS攻略 > 玄武編  > Mission8      
Mission8 東風戦で一回も振り込まずトップを取れ
 玄武編の最終ミッションです。東風戦は短期決戦、親で和了れるか、和了れないかが、ミッションクリアに大きく関わります。
 今回のミッションで、プレイヤーは親で始まります。親で他家との点差を引き離し、残りの場は流して終了するのが理想でしょう。
 その為に必要不可欠な技術が「押し引き」の引きの部分です。押し引きとは、攻めるか、オリるかの判断をすることです。
 では、以下の図を見て下さい。
 東一局、あなたが親のとき、対面がリーチを仕掛けてきました。しかし、
リーチ宣言牌の
を鳴けば、ダブ東・ドラ二の満貫確定の手です。ここ
が押し引きの場面です。
 当然、鳴く人もいれば、鳴かない人もいるでしょう。人、点差、場の状況などの絡みによって、打ち筋は変わってきます。
 ですが、東風戦で12,000点を和了れば、ほぼトップを決定付ける点差となります。よって、リーチや愚形待ちのリスクを負って勝負する価値は十
分にあるので、
を鳴いて
を勝負します。これが、「押し」。
 では、東三局、西家だった場合。
 リーチを仕掛けてきたのが親です。リーチ宣言牌
を鳴いても、ドラが
ありませんので、東のみ1,000点しか見込めない上に、待ちも悪いです。よって、ここはオリます。これが、「引き」です。
 つまり、この場面で押すことが、自分にとって得なのか、損なのかを考えるのです。得だと思えば、ガンガン行かなければならないし、損だと思えば、我慢してテンパイを崩してオリなければなりません。
 今回のミッションでは、振らないことが前提ですので、一回の和了で順位を決定付ける様な大きな和了が必要になります。ですから、ほとんどがオリで、押しの基準が非常にシビアになるでしょう。
 麻雀で技術に最も差が出てくるのは、押し引きだと言われています。押し引きがしっかりできれば、黄龍も余裕でなれると私は思っています。
▲ ページトップへ    
<< Mission 7 | Mission攻略Top >>
Copyright (c) 2008 Kouryu-Dou all rights reserved.