黄龍への道        DSで学ぶ麻雀         黄龍召喚実践記         FAQ        掲示板         サイトマップ         トップページ   
Home  > DS攻略 > 百虎編  > Mission6      
Mission6 東風戦で15000点差を逆転しろ
 トップとの点差が15000点、親からのスタートです。途中、逆転しても、東風戦を終えるまでトップを維持していなければなりません。
 親の内に逆転し、あとは局を回しトップを守りきるのが理想です。ただ、この点差を逆転しようとすると、CPU一人飛ばすくらいの点を取ることになると思いますが。
 しかし、ここまで点差が開いていると、一回の和了りだけでの逆転は困難です。連荘狙いでいきたいところですが、連荘もそう何回も続けられるわけではありませんし。
 直撃もしくはツモで点差を縮めたいものです。そこで、今回は、Mission 5とは反対に、リーチはツモるつもりで大胆にいきましょう。
 例えば、以下の手牌を見て下さい。
  (ツモ)
 ここで、
切ってのリーチは、スジ引っ掛けによる他家からの出和了を
期待した打牌です。引っ掛けリーチの和了率は、それほど悪くありませんので、連荘を狙うのであれば有効なリーチでしょう。
 では、
切ってのリーチはどうでしょう。スジ引っ掛けでもなければ、ど
真ん中の牌。しかも、
は、四枚中二枚が赤ドラ
です。ですから、出
和了も期待できる待ちではありません。
 ということは、ツモに期待するしかないですね。無謀なリーチに見えるかもしれません。でも、もしツモった時。これは大きいです。
 「リーチ・ツモ・ドラ一」 そして重要なのが、
です。四枚中二枚が赤ド
ラですので、ツモったときは、1/2で和了牌がドラということになります。
 「リーチ・ツモ・ドラ二」 で、12000の和了点、他家の失点を含め一気に16000点差を逆転できることになります。
 しかも、上の様な牌姿だと、裏ドラが乗る確率は30%ほどありますので、ツモった牌が赤ドラでなくても、満貫の手になる可能性は十分にあります。
 連荘を選べば、打点が下がる。打点を選べば、和了率が下がる。難しいものですね。
▲ ページトップへ    
<< Mission 5 | Mission 7 >>
Copyright (c) 2008 Kouryu-Dou all rights reserved.