黄龍への道        DSで学ぶ麻雀         黄龍召喚実践記         FAQ        掲示板         サイトマップ         トップページ   
Home  > DS攻略 > 玄武編  > Mission2       
Mission2 一局振り込まずに収支を二万点以上にしろ
 始めから持点が21,000点ありますので、CPU同士で振り込むか、流局してもクリアの可能性があります。
 ここでのミッションは、「場を流すこと」に視点を置いています。無駄な点数は必要としませんので、さらっと流してしまいましょう。オーラス、微妙なリードで迎えた場面で頻繁に使える技術です。
 まず、早く和了る為に最も適した手役は、タンヤオです。麻雀格闘倶楽部では、喰いタン有りですので、鳴いてタンヤオ作れそうなら、積極的に狙っていきましょう。
 それでは、鳴きの基礎から。
 鳴きを仕掛ける基本的な考え方としては、「悪い形を鳴き、良い形を残す」です。では、下の手牌を見て下さい。
  (ツモ)
 良い形とは、
 のような両面待ちの事を言い、悪い形とは、
や、
 といったカンチャンペンチャンの事を言います。
 そうして、悪い形から上手く処理できた場合が下の状態です。
 簡単に説明すると、鳴くと手牌が少なくなってしまい、他家からリーチを仕掛けられた際、オリる牌の選択肢が限られてきます。その上、待ちが悪いとくれば…
 例えると、兵士が敵地へ乗り込む際、傷をたくさん負っていきます。そして、最後の敵と戦いで、手に持っている武器が強い(両面待ち)か、弱い(カンチャン)かって事です。
 シンプルに構えてれば簡単です。さ、次のミッションに行きましょう!
▲ ページトップへ    
<< Mission 1 | Mission 3 >>
Copyright (c) 2008 Kouryu-Dou all rights reserved.