黄龍への道        DSで学ぶ麻雀         黄龍召喚実践記         FAQ        掲示板         サイトマップ         トップページ   
Home  > 黄龍への道  > 長考の謎      
 この「長考」、麻雀格闘倶楽部では様々な使い方をされているのを知っ
てますか?善し悪しあるけど、とりあえず紹介。
1.其の一 「マジ長考」
 本当に何切るか迷っての長考。この時、「ヤミテンでも和了できるけどリ
ーチしようかな」的に使うのは損。長考を使うだけで、周りの面子は一瞬
にして警戒してしまうから。
2. 其の二 「騙し長考」
 聴牌に見せかけて、「どっちの牌で待とうかな」って思わせての、まだ聴
牌してない長考。例えば、こんな捨牌…
  長考して→ 捨て。
 凄く嫌な捨牌じゃないですか?混一色を狙ってたけど牌が寄らないって
時とか、二鳴きしたけど聴牌できそうにないって時に使うのが効果的。
3.其の三 「長考挨拶」
 対局開始と同時に他家が一斉に長考…何?と疑問に思う人もいるでし
ょう。これは、知り合いの方と同卓したりした際に交わす挨拶。プロ本人
と同卓した時に使うと、返してくれるプロもいたりします。
4.其の四 「長考ツモ」
 和了牌をツモった時、すぐに和ボタンを押さずに長考してから和了する
行為です。オーラス、この行為をされて逆転されるとイラっときます。嫌が
られる行為ですので行わないようにしましょう。
スポンサードリンク 
キーワード解説  
長考
ヤミテン
▲ ページトップへ    
<< タイムラグが示す意味 | オトク供託点棒 >>
Copyright (c) 2008 Kouryu-Dou all rights reserved.